猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

牛肉とワインとジェラートの国で、ジェラートを食べた。

 


ads by Google

さて、土日はアルゼンチンでのチーム我が家の生活について

いろいろと書いてみたいと思います。

 

ショッピングセンター「Jumbo easy」で

ちょっと歩き疲れたねぇなどといいながら

のんびりベンチに座っていると、

目の前にfreddoというジェラート屋さんが。

ただスペイン語がままならないチーム我が家は

まぁいったんおじけづくのですよ。

 

とりあえず他の客が注文している様を見ようじゃないの、

ということで見ていたのですが、

バケツみたいな容器に

複数の味のジェラート

それこそ

 

がっぽがっぽ

 

とよそっていくわけです。

何キロあるんでしょう。

多分1キロくらいはあるんじゃないかと。

 

それもそのはず。

だってメニューに「1/4 kilo」とか「1/2 kilo」とか書いてあるんですもの。

単位がもうキロですよ!!

 

ということで、それにも気圧されてしまって(写真は撮ってません)

仕方なく何も食べずに帰ってきたのですが。

 

ですが。

 

やはり「ジェラート食べたい!」という

妻の強い希望により、

そしていろいろ調べたらやはりfreddoがおいしいらしい、ということにより

我が家から徒歩3分のところにfreddoを発見。

チェーン店だったんですね。

さっそく行ってみました。

 

前の客が注文しているのを眺めながら、

どうやって注文するのかなぁとか思っていると、

 

かつーん

 

と、店員がアイスクリームのスクープ(すくうやつ)をカウンターから落としまして。

 

それだけなら良いのですが、

何食わぬ顔で、床に落としたスクープを

カウンターにもどしまして

 

それでジェラートをすくわれたらたまらないですからね。

衛生観念とかどうなってるんじゃ!と思いつつ、

店をあとにしました・・・・

 

悔しかったですねぇ。

頭の中はジェラート一色になってましたからね。

 

ということで、 もやもやを抱えながら本来の目的地であるスーパーへ歩く途中、

せっかくだから大通りを1ブロック向こうまで歩こう!ということになり、

スーパーの1ブロック先に、見事に「Banova」というジェラート屋さんを発見!

しかもコーンやカップの見本と値段がレジに並んでます。

(freddoには無かったのです。メニュー表も後ろの壁に書いてあるだけでした)

 

ということで「este!(これ!)」と40ペソのコーンを指さし、

味を「chocolate y vanilla!(チョコラテ・イ・バニージャ!)」と注文。

妻は「manzana y tirami su(りんごとティラミス)」と注文。

お店のお兄ちゃんもすごくいい雰囲気の人でした。

さぁわかるでしょうか?スペイン語のメニュー表です。

読み方はほぼカタカナ読みなのでいいのですが。一部英語も混ざってますね。

 

そして来ました!ジェラート

でかーい。

イタリアのジェラートも美味しかったですが、

アルゼンチンのジェラートもなかなか美味しかったですよ。

食べ過ぎないようにしないとね。

 

ちなみに向かって左が僕の、右が妻のです。

 

ただ、チョコレートとバニラは重かったですね・・・

しかもコーンが日本のより全然甘くて!しばらく胃が重かったです。

でも妻のりんごのシャーベットは美味しかったですよ!さっぱりしてて。

 

次は僕もレモンとかフルーツ系にしてみようかな。

 

ということで、大満足なジェラートなのでした。

ただ、その後家に帰ってからしばらく何も食べたくなかったですねぇ(笑)

 

ちなみに、初ジェラートは2016年3月30日でした。

到着から10日目ですね(笑)

 3月30日の風ちゃんは、妻のノートパソコンの上で爆睡でした(笑)

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ