猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

ドイツ病院で退院時にもらったもの。

 


ads by Google

こんにちは。

いぶし銀嫁です。

 

出産して退院する時に、ドイツ病院からもらったものをご紹介します。

 

入院中、部屋で使っていたおむつ、ガーゼ、アルコール、おしり拭き用のオイルなどは全部持って行って良いとのことでした。

 

▼おしり拭きの綿、オイル(乳液)、へその緒消毒用のアルコール

あとは、帽子とおしゃぶりをもらいました。

(入院中着ていた赤ちゃんの服は、病院のものなので返却が必要です)

あと、へその緒を止めていたピンチも小袋に入れてもらいました。

 

ビックリしたのが、こちらの大きな紙袋。

看護師さんが部屋に持ってきてくれました。

手紙付き。

何やら大きなバッグが入っています。

 

 中には、ドイツ病院のバッグが入ってました。

結構でかいです。ママバッグですね。

中にはおむつ交換の時に敷くシート(パッド)も入ってました。

これは便利そうですね。交換用パッドやシートは多くても困らないですからね。

そして、ドイツ病院のロゴが。

ちなみにドイツ病院の職員の方はこのHA(Hospital Alemán:ドイツ病院)の

ロゴの入ったネクタイをしていました。カッコいいデザイン。

 

我が家には母からもらったキタムラのママバッグがあるので

ママバッグとしての出番は無さそうですが、

ちょっとものを入れておくのには便利そうですね。

あとは防水みたいなので、雨の日には役立つかも!

さらにこんな袋が。 

ハギーズ(こちらの発音だと「ウギーズ」になるのでしょうか?)という

オムツが12枚。

病院でもこのオムツでした。

ただ正直なところ、パンパースの方が高品質ですね。

パンパースは素晴らしいです。

 

このオムツは外出時に使おうかなー。

あとはいろいろと石鹸やら、1枚パックのオムツやら入ってましたが、

左上の白い帽子!これはありがたいですね。

 

ということでした。

退院してしばらくは妻は外出できないので、

オムツなどなどがあるのはありがたいですね。

 

ところで、途中から妻から僕に書き手が変わったのに気づいたでしょうか?(笑)

どのへんから変わったか予想してみるのも面白いと思いますよー。

分かった方はコメントに書いてみてくださいね。

 

 

父の日生まれの我が娘です。

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ