読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

アパートの契約はできるのか?

 


ads by Google

さて、難航していた我が家の家探し。

まだAirBnB(いわゆる「民泊」)の家に滞在しているのです。

いやー家賃が高い(苦笑)

 

3月〜6月まで3ヶ月の予定が、

7月までになり、8月末までになり。

早いところ新居を見つけないと!というところなのです。

 

で、難航していた我が家の家探しの流れはこんな感じなのですが、

nekobungu-argentina.hatenablog.com

nekobungu-argentina.hatenablog.com

nekobungu-argentina.hatenablog.com

nekobungu-argentina.hatenablog.com

 

で、不動産屋に行ってきた

ということで、今の家の契約書を持って、不動産屋に行ってきました。

8月5日(金)のことでした。

今の家の契約書を保証人代わりにして契約する、ということのようです。

 

1. 今の家の契約書

2. 僕の仕事の請求書(僕から業者へ)

3. パスポート

 

この3点を持って行きました。

 

契約書はOK。

仕事についても契約している業者のウェブサイトを見て、

どのような仕事なのか、収入は毎月このくらいなのかどうか、などなど

いろいろ聞かれまして。

 

その後契約する際に支払う金額や

家賃についての話などをいろいろしてもらいました。

 

こちらのアパートの契約は基本的に2年間。

半年ごとに家賃が上がっていく、というシステムです。

だから借りるときは最初すごく安いのを借りた方が良いのです。

僕らはまず最初の家なので、とりあえずどんなものか様子を見てみることにして、

気に入った物件に入ってしまうことにしたのです。 

 

で、前金を支払うことに。

実は前金のことが頭からすっかり抜けていて、

1000ペソしか持って行かなかったのです。

そこで600ペソだけ頭金にすることにしてもらい、

支払ってきました。

 

そこまで来たらもう契約直前ですよ。

 

あとは月曜日に不動産屋さんが大家さんと話して

入居OKかどうかを連絡してくれる、ということです。

 

「たぶん大丈夫だと思うけれどね〜」とのことでした。

うまく行ってくれ!と願うばかり。

 

とりあえず新居の契約を済ましたら

まずは家の掃除をして、寸法を測って、

ベッドと布団を買わなくては。

 

うまく行けば来週の金曜日に契約です。

それまでに銀行も行っておかないと!

新しい家に移ったら、キャットタワーも欲しいよねぇ、風ちゃん。

 

ということで、家が決まったらまた記事を更新します。

今この記事を書いているのは土曜日深夜。

明日の日曜日はアルゼンチン人の友達と植物園(botánico)にお散歩に行くのです。

いやー会うのいつぶりだろう。2ヶ月近くぶりだ!!

一日中英語でしゃべる日だー。

 

 こちらの音楽ブログもぜひよろしくお願いします。

 

 

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ