読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

家具屋街へ!そしてハプニングも。

 


ads by Google

さて、新居も無事決まったチーム我が家、

掃除もある程度終わりまして(細かい所はまだ)

家具を買わないと住むことも出来ないぞということで

家具屋街へ行ってきました。

 

場所はベルグラーノ通り(Avenida Belgrano)というところ。

地下鉄H線のVenezuela駅の近くです。

H線はうちから一本なので行きやすくて良かったです。

 

ベルグラーノと言っても

ちなみにうちの最寄りの地下鉄D線の終点近くにも

ベルグラーノ」というところがあります。

こちらは通りの名前ではなく、地域名。

ベルグラーノ地区というところがあるのです。

 

で、家具屋街のベルグラーノ通りは、このベルグラーノ地区とは全く別の場所。

紛らわしいったらありゃしません。

 青いところがベルグラーノ地区、

赤い線がベルグラーノ通り。

ずいぶん離れてますよね。

ちなみに僕が今住んでいるのはレコレータ地区と言います。

近くに大学がある地域なので、学生が多いです。

パレルモ地区やベルグラーノ地区は住みたいという人の多い人気の地域。

 

 

ベルグラーノ通り到着

H線のベネスエラ駅に着くと、

駅から出た瞬間にベッド屋さんが!

さらにベルグラーノ通りに入った瞬間から、

家具屋家具屋家具屋のオンパレード。

大体1.5kmくらいのところに家具屋さんがたくさん。

むしろ家具屋しかないんじゃないか?というくらい、

家具の店があります。

庶民的な店からブルジョアな感じの店まで

本当に多種多様なお店がありました。

 

まずは通りの両サイドを全部見ようということで、

約1.5kmを一往復。

さらに2往復目でモノを決めようじゃないかということになりました。

ターゲットは、

・テーブル&椅子

・ベッド

の2点。

 

結局、2往復目の一番最後の方で、良いテーブル&椅子を見つけることが出来ました。

ただ、この時点で疲れ果ててしまったので、ベッドは後日。

 

何たるハプニング

で、ベルグラーノ通りを行ったり来たりしているときに、

先日一緒に植物園に行ったアルゼンチン人の友人とばったり遭遇!

3人で笑っちゃいましたー。

こんなこともあるんですねぇ。

「何やってんの?(笑)」

「いや、家具を探しに(笑)」というやり取りをして、

じゃぁまた連絡しようぜーと言いながら別れたのですが、

その数時間後にまた同じ友人に遭遇(笑)

 

こんなに広い都市で、1日に2回も同じ友人に出会うという偶然でした。

沖縄ですら、外で知り合いに会ったことなんてあまりなかったのに!

 

配送してもらった

アルゼンチンのお店では現金払いが好まれます。

現金だったら安くするよ!みたいな感じ。

で、僕らが買ったお店でも「現金ならこの値段にするよ!」と言われたので

銀行に行って現金をおろして購入してきました。

クレジットカードがすごく普及している国なんですけど、

家具とか子供用品とかは現金が好まれるんです。おもしろいですねぇ。

 

で、翌日の夕方に配送。14時から16時に届けてもらうことになったので、

13時半頃から新居で待機。

しかし、待てども待てども到着せず。

結局ついたのは16時半。

うちなータイムかっ!

結構時間には適当なんだなぁ、という感じでした。

 

配達時、テーブルは天板と足をバラにして持ってきたのですが、

特に天板に印やネジ穴がついているわけではなかったんですが、

配送してきた兄ちゃんがネジ止めを始めました。

 

・・・それ、かなり目分量だよね?

 

ちょっと心配になりつつ、

まぁずれてたら自分で直すからいいかー

なんて思いつつ、作業を見守ることに。

 

結果、ネジの留め方がかなり適当でした(苦笑)

自分で締め直さないと!

こんな感じでやってきたのです。

黒いテーブルと赤い椅子がスタイリッシュで気に入ってます。

わーい。

 

そして次はベッドを買わなければ!

テーブルとベッドがあれば生活することは出来ますからね。

テーブル搬入後、帰りにスタバに寄って、通りの風景を撮りました。

道路が工事中なので、あまり景色としては良くないなぁ。

 

 こちらの音楽ブログもぜひよろしくお願いします。

 

 

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ