猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

レコレータ墓地は芸術がいっぱい。

 


ads by Google

1年半ぶりにレコレータ墓地に行ってきました!

1年前は初めてアルゼンチン人の友人Pくんと会って

そのままレコレータ墓地に行ってきたのですが、

この日もPくんと会ってきました(笑)

 「初めて会ったときもここに来たよねー!(笑)」と

わいわいしながらぶらついてきました。

 

 

1年でチーム我が家も進化した

1年前は「世界で二番目に美しい書店」である

エル・アテネオの前で待ち合わせて、

Pくんに案内されるがままバスに乗って墓地まで行ったのですが、

この日は自分でルートをささっと確認し、

複数のルートの中で最も徒歩が短いものを選択し、

うちの近くのバス停からバス一本で墓地までたどり着きました。

 

いやぁ成長した我が家。

だって去年はバスに乗れなかったもの。

むしろバスを有効活用できるようになったのは

たぶん今年からです(笑)

 

 

墓地まで2ブロックのところでばっちり下車。

まぁバス停一つ手前で降りちゃったんだけど、

そのあたりはご愛嬌。

 

相変わらず美しい墓地

レコレータ墓地は相変わらず美しかったです。

墓地なのに美しいというのはすごいですが、

芸術品ですね。

死後に住む家、という感じで作られているので

薄気味悪さとかは全く無いです。単純に芸術的な建築物という感じ。 

うちがわにこんな美しいステンドグラスがあるお墓とか、

彫刻や絵がすごいお墓とか、

暗くなってよく見えませんが、塔のドームの内側が金箔張りのお墓とか。

いつ来てもすごいなぁ。

 

 

娘も歩き回り放題

そして、去年来たときはお腹の中にいた娘が

今ではもう歩くようになったというのもすごいですね。

てくてくと歩き回ってました!

お墓内部を覗くPくんと娘。

一時期、娘はPくんに会う度にびっくりして泣いていたのですが、

もうすっかり泣かなくなりました。えらいぞ(笑) 

 

 

 こちらの音楽ブログもぜひよろしくお願いします。

 

 

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ