猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

髪を切ったらなぜか希望と違うスタイルになってしまった。

 


ads by Google

先日妻が髪を切ってきた美容院へ行ってきました。

飛び込みで行ったのにすぐに切ってくれて、腕前も確かでしたよ!

Studio Pablo Chenというお店 

地下鉄D線のJose Hernandez駅の近くにある「Studio Pablo Chen」というお店です。

日本人の駐在員の方々からも評判の高いお店です。Pabloさんは英語を話さないのですが、アシスタントの方が英語を話せるんだとか。

 

出かけたついでに予約しに行ったらその場で切ってくれた 

一人で出かけたついでに予約しようと立ち寄ってみたところ、「今出来ますよ」と言われたので切ってもらってきました。

こういう髪型にしよう!というのは決まっていたのですが、写真などは準備していなかったのです。

写真を検索してパッと取り出スということが出来ず、慌ててインスタの小さいサイズの写真を見せたら「OK」と。

 

これがこうなった

最初はこうしようと思っていたのですが、

もうちょい短めがいいかなと思って

こんな感じがいい、と伝えたつもりだったのですが、

こうなりました。

 

 

上からユベントスのエース、パウロ・ディバラ選手、

同じくユベントス(元ボカ)のロドリゴ・ベンタンクール選手、

一番下はユベントスの「兄貴」ことマリオ・マンジュキッチ選手です。

 

ディバラかベンタンクールにしようと思っていたので、まさかマンジュキッチになるとは・・・

 

 

これは見せた写真が原因

一つ言っておきますが、Pabloさんは非常に腕前はしっかりしてます。

30分という短時間で全ての工程を仕上げ、しっかりと崩れのない髪型にしてくれましたからね。

ただ、見せた写真が小さくてわかりにくすぎたのが原因でした・・・

 

Siempre con alegría 🤪🇺🇾🔝🤙

Rodrigo Bentancurさん(@rodrigo_bentancur)がシェアした投稿 -

この正面からの写真と 

 

Gran victoria !! A seguir por este camino ! 🇺🇾 #ForzaJuve #FinoAllaFine

Rodrigo Bentancurさん(@rodrigo_bentancur)がシェアした投稿 -

この後ろ姿をパッと見せただけだったので・・・(30番の選手です)

 

 

次からはもうちょっとしっかりと資料写真を見せなければ!と思いました。

 

 

10年以上ぶりの短髪

10年くらいずっと長い髪だったので、久しぶりの髪型で正直戸惑っています。

2002年の日韓W杯のころはソフトモヒカン(当時ベッカムヘアーとよばれてましたが)だったので、その頃以来だなぁ。

一度だけ10年前に入試前の合格祈願で坊主にしましたが、そのとき以外はずっと髪が長かったのです。

 

頭洗うのが楽すぎてびっくりします。

ドライヤーもいりませんし。

 

3ヶ月位伸ばせば希望の髪型にできるかなーと思ってます。

それまでは短いのを楽しもう!という気持ちでいます。

 

娘も風ちゃんもそれほどびっくりせず

突然髪が短くなったパパを見ても、娘も風ちゃんも特に反応がありませんでした(笑)

僕は小さい頃、父が髪を切った姿を見て「いつもと違う!」と号泣したらしいんですけどね(笑)

ネコーズです。

 

楽しく読める教育ブログも更新中!


アルゼンチンで日本人向け家庭教師をやりつつ教育ブログを書いてます。

中・高・大学受験情報やおすすめ勉強法、コラムなどを書いているのでぜひご覧ください。

 

ブログランキング参加中!1日1クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ