猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

娘が発熱した・第2夜

 


ads by Google

娘が発熱した話の続きです。

まさか2週間近く熱が出っぱなしとは・・・

抗生物質を飲ませ始めた 

主治医から抗生物質を処方してもらったので飲ませ始めました。

まずいみたいで、2回ほど吐き出されましたが・・・

 

熱性けいれんを起こしたときに「37.5度以上になったらけいれんを防ぐために解熱剤を飲ませてください」といわれていたので、効果が切れたら飲ませるという感じにしていました。

 

6時間おきに効果が切れ、そのたびに39度近くまで一気に熱が上がります。

 

 

医師に叱られた 

どうしてこんなに治らないんだろう?と思い、日本にいる知人の医師に助けを求めることにしました。

すると、「無理やり熱を下げてるから治らないんだ」と叱られました。

そこで一晩、熱を出した状態で様子を見てみることに。

免疫細胞が活性化するのが38度〜39度くらいとのことだったので、そのくらいを維持できるようにして、一晩見守っていました。

ちなみに、40度近くなったときに1度だけ解熱剤を使いました。

知人からも39.5度以上になったら使っても良いといわれていたので。

 

それでも一晩中39度前後でした。

最初は不安がって「ママ、ママ」と言っていましたが、そのうちにぐっすり。

 

夜中もほとんど起きずに寝ていたので、妻も僕も久しぶりにぐっすり眠れました。

 

一晩がんばった翌朝は

一晩高熱の中頑張った娘は、起きたら37度ジャストまで下がっていました!

ほぼ平熱です。

 

疲れたのか、起きてちょっと食べたり飲んだりした後また寝てしまいましたが、このまま快方に向かうと思われます。

 

さすがに体力が落ちているのでおとなしかったです。

夕方僕にべったりくっついてきたのでどうしたのかと思ったら、またちょっと熱が上がってました。

それでも37.6度。

それも夜寝る頃には37度まで下がっていました。よかった。

 

これでほぼ治ったと言って良いでしょう!

ぶり返したりしないように気をつけようと思います。 

 

さすがに疲れて動き回る元気がなかったので、塗り絵をして楽しんでおりました。

 

風ちゃんも頑張ってくれましたよ!

娘の具合が悪いときには寝室まで来て見守ってくれました。

まぁ全員が寝室にいたので、「なんだなんだ」と見に来ただけかもしれませんが(笑)

 

楽しく読める教育ブログも更新中!


アルゼンチンで日本人向け家庭教師をやりつつ教育ブログを書いてます。

中・高・大学受験情報やおすすめ勉強法、コラムなどを書いているのでぜひご覧ください。

 

ブログランキング参加中!1日1クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ