猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

我が家で試してみたマテ茶たち。

 


ads by Google

アルゼンチンにはたくさんのマテ茶が売られています。

スーパーの棚が一列全面マテ茶!ということもあります。

我が家でもいろいろ試してます。

ハーブ入りマテ茶「Cachamate(カチャマテ)」  

元々、このロバマークブランドのハーブティーが好きなので買ってみたマテ茶です。

ハーブティーは飲みやすいのですが、マテ茶とブレンドしたこちたは思ったよりもハーブ感が強く、かなり癖があります。

やや酸味を感じることもあり、好みが分かれるかもしれません。

ちなみにこの黄色いパッケージとそっくりのティーバッグは日本でも売られているみたいです。

「カチャマイ茶」という名前のはず。

カルディなどの輸入食品店をさがしてみてくださいませ。

カチャマイ茶は我が家でも御用達のハーブティで、癖もなくスッキリ飲みやすいです。

 

Unión Suave(ウニオン・スアーベ)BCP

 

ウニオンというメーカーのマテ茶です。

Suave(なめらか)という単語がついている通り、これはマテ茶の中でも一番クセがなくて飲みやすいと思います。

BCPという文字が書いてありますが、これは「Bajo contenido de polvo(粉の含有量が低い)」という意味です。

 

通常のマテ茶には茶葉だけでなく粉状の茶葉が混ざってしまっているので、飲むときに粉を落としてからお湯を注ぐという手間が生まれます。

また金属製のストロー「ボンビージャ」が詰まりやすいというのもデメリットなのです。

 

ですがこのBCPのマテ茶なら粉が最初から落としてあるので、ボンビージャが詰まりにくいです。

この粉は苦味の元でもあるので、粉が少ないので苦すぎないというのも嬉しいポイントですね。

マテ茶が初めての人には是非これから試していただきたいです。

 

カチャマテ オレンジ味

さきほどのカチャマテのオレンジ味です。 

意外としっかりオレンジ風味がします。でも味はクセがなく飲みやすくて美味しいです!

ちょっと一味違うマテ茶を飲みたい人やカチャマテが好きな人におすすめです。 

マテ茶にオレンジピールを入れて飲むという人は多いみたいですが、このマテ茶はオレンジの風味が最初からついています。

お手軽です。

 

 フレーバーマテ茶ティーバッグ

 こちらは我が家が今ハマっているマテ茶です。

パックタイプで茶葉の後始末が楽なのと、フレーバー付きでクセがなく紅茶感覚で飲むことができます。

黄色い方はアールグレイ、赤い方はストロベリー&バニラのフレーバーがついています。

マテ茶独特の苦味とかはほとんど感じないくらいで、紅茶と間違えてしまいそうです。

 

ちなみにマテ茶が苦手ないぶし銀もこの2種類のティーバッグは愛飲しています。

 

いろいろなマテ茶があるので、飲み比べるのがなかなか楽しいです。

 

楽しく読める教育ブログも更新中!


アルゼンチンで日本人向け家庭教師をやりつつ教育ブログを書いてます。

中・高・大学受験情報やおすすめ勉強法、コラムなどを書いているのでぜひご覧ください。

 

ブログランキング参加中!1日1クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ