猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

日本庭園無料開放デーに行ってきた!

 


ads by Google

ブエノスアイレスには日本庭園があるのですが、1月30日はなんと入場料が無料になるということを知り、行ってきました! 

前回来たときには娘がギャン泣きしてしまった

前回は日本庭園50周年の無料開放デーだったのですが、お祭りのような感じだったのでめちゃくちゃ人が多く、歩くのもままならない感じでした。

nekobungu-argentina.hatenablog.com

しかもなぜかピエロがいて、娘がピエロの顔に驚いてギャン泣きをしてしまい、1時間以上泣き止まないという状態で、ほとんど何も見られなかったのです。 

 

この日は日本庭園に向かうバスの中でなんとお昼寝。

ぐっすり寝ちゃってました。 

 

 

この日の無料入場には条件があった

じゃじゃーん。

ちなみにこの日は「アルゼンチン人」「アルゼンチン居住者」だけ無料になる日でした。

僕も妻も永住権があるので、DNIというカードを見せて無料で入ることができます。

「今日はアルゼンチン人とアルゼンチン居住者は入場無料の日です」

 

催し物のお知らせもありました。

盆栽やおりがみ、生け花などなど。

 

展示もたくさん!

入ってすぐの建物で日本文化を紹介する展示がありました。

鯉のぼり!1月なのに!

入ってすぐにヤマハのオートバイがおいてありました(笑)

着物とか

ひな人形と兜が!

これはおりがみです。

生け花。

僕の母は生け花の免許(御室流)を持っているのですが、僕は全く何もないです。

焼き物やだるま、招き猫。

ちなみにこちらではいろんなところで招き猫を見ます。

G-SHOCK!!ちなみにすごく高いです。

庭園はこんな感じです。

 

一周見回ったところで起きた娘

僕と妻が歩いて庭園内をぐるりと一周したところで娘が起きました。 

池や川や鯉を見てうれしそうにしてました。

鯉を見る娘。

生きている魚を見る機会はあまりないですからね。

 

鯉がたくさんいました。

水が大好きな娘は川に入りたがって大変でした。妻が必死で抑えてます。

橋を渡ってます。渡りやすいように階段になってますね。

 

庭園内には興味深いものがいくつか

庭園の中には面白いものがいくつかありました。

まずはおみやげ屋。のれんが日本語です。

中は日本のおみやげ屋とかサービスエリアみたいな感じ。

あとはトヨタが寄贈した茶室もありました。

中はこんな感じ。

首里城識名園を思い出す感じ。ちょっと沖縄テイストが感じられました。

ちなみにアルゼンチンにいる日本人の多くが沖縄出身なので、アルゼンチンにおける「日本」のイメージは「沖縄」なんですよね。

純粋な「和」のイメージとはちょっと違うんだけどなぁ。

もともとのルーツが違いますからね。

 

でもこの日本庭園は全体的に和風でした。

 

ちなみに娘は元気いっぱい

ちなみに、風邪から回復した娘は完全復活を果たしたようです。

数日間家から出られなかったので、お外にも行きたかったんでしょうねぇ。

庭園内を歩き回っただけでなく、食事のときにも動きたがっていたのでアウトレットモールによって歩き回ってから帰宅。

おかげでその日の夜はいつもより3時間くらい早く寝てくれました。

 

もうちょっと涼しい時期に行けたらもっと気持ちよかっただろうなぁ。

日差しが強くてちょっと大変でした。

風は気持ちよかったですけどね。

 

ブログランキング参加中!クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ