猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

初めてボカ地区に行って、若き日本のサッカー指導者に会ってきた!

 


ads by Google

先日、初めて有名な「La Boca(ボカ地区)」へ行ってきました!

カラフルな町並み、タンゴとサッカーの町です。

カラフルな家々が立ち並ぶ 

きれいですよねー。

観光名所として有名な場所です。

実はうちからバス1本で行けちゃうんですが、初めて来ました。

 

サッカー指導者留学に来た方の歓迎会的な

実はこの日はサッカー指導者になるための留学に来た、河内一馬さんという方とお会いしつつボカ散策をしよう、という日だったのです。

我が家と家族ぐるみで仲良しなJちゃん一家と、チーム我が家と、河内さん。

合計9人(うち子供2人)でボカに集合でした。

 

河内さんはこちらについたばかりだったので、やはりパリージャ(焼肉)でしょ!

ということで「El Gran Paraiso」というお店へ。

パリージャだと重いかなということで、チョリソーを挟んだパン「チョリパン」をチョイスしてみました。

我が家はチョリパン大好きですし、娘もチョリソーをもりもり食べてくれるので。

店内の様子です。

アルゼンチン代表のユニフォームのマネキンがありますね。

端っこに見切れているのは河内さん。

美しいですよね。こういう絵画・レタリングはアルゼンチン名物です。

ここは店内のお客さんの写真撮影スポットになってる場所。

 

河内一馬さんとは

河内一馬さんについては、こちらのページを見ていただければ僕が説明するよりよくわかるんじゃないかと思います。

camp-fire.jp

日本サッカーを本気で変えたいと考えている熱い方です。

話してみると、すごく話しやすい好青年!

めちゃめちゃ良い方でした!

ブログやInstagramでもアルゼンチンでの様子を書かれているので、ぜひご覧ください。

 

※後日ご本人の許諾を得た上でリンクを貼りますが、Google検索も是非してみてください。僕のインスタアカウントでもすぐわかると思います。

 

ボカ・ジュニオルスのスタジアムには入れなかった

河内さん、僕、Jちゃんパパとサッカー好きが3人もそろってるので、アルゼンチンの名門サッカーチーム「Boca Juniors(ボカ・ジュニオルス)」のスタジアムに行こう!

ということになり、通称「ボンボネーラ(マッチ箱の意)」に行くことに。

スタンドか、もしかしたらグラウンドにも降りられるかも?

いやいや、ミュージアムだけでも十分!とワクワクしながら向かったのですが・・・

 

柵が立ってますね。

柵の前には警官もいます。

 

「今日は入れないんですか?」と警官に尋ねると、

 

「今日は試合だからもう入れないよ」とのこと。

 

試合までまだ4時間以上あるのに、もう入れないみたいです。

厳戒態勢でした。

 

サッカー大好きな僕でさえ、アルゼンチンでスタジアムに行って試合を見たいと思えないのは、そのファンの激しさゆえ。

怪我人が出て当たり前、みたいな感じですからね(苦笑)

 

ちなみにもし僕がボカ地区にリーベルプレート(ボカのライバル)のユニフォームを着ていったら、おそらくタコ殴りにされていたことでしょう。

 

ということで、ボンボネーラ見学はおあずけでしたー。

残念!

 

ボカ・ジュニオルスのオフィシャルショップは行った

その代わり、カミニートの入り口あたりにあるボカ・ジュニオルスのオフィシャルショップは行きましたよ!

ユニフォーム欲しくなっちゃいました。

うわーほしいー。

ボカ、リーベルサン・ロレンソのユニフォームはいつか欲しいなー。

 

 

何と日本の雑誌がおいてあった

そしてなんとなんと!ボカのオフィシャルショップ内に、日本の雑誌がおいてありましたよ。

ワールドサッカーダイジェストという雑誌と、フットボーリスタという雑誌。

なんで日本語!?

ちなみに日本語の書いてあるポスターも1つ売られていました。

うわーすげー。

 

うちの娘は超マイペース

初めて行ったボカ地区でも、うちの子はマイペースでした。

仲良しのJちゃんがいるのに、レストランの石畳のところにある石を拾って遊んでいたりしました。

かわいいから許す。

これがボカ地区の川沿いに広がる遊歩道です。

この辺は治安も悪くないです。

カラフルな石畳がきれいですよね。

そこを歩くうちの娘のかわいさがさらに光ります。

 

親ばかです。

 

ボカに行くときはくれぐれも気をつけて 

ボカ地区はブエノスアイレスへ旅行に来たら絶対行ったほうが良い!といろんなガイドブックに書かれています。

確かに、アルゼンチンを感じられる場所です。

お土産屋さんもたくさんあるし、カラフルな町並みだし、そこらじゅうでタンゴを踊ってますしね。

 

ただ、ボカ地区はすごく危険な場所でもあるのです。

 

安全なのは土産物屋さんが立ち並ぶ通りと、「カミニート」という小道のみ。

このあたりは治安が良いです。

ですが、住宅街の方に入ってしまうと危険です。

ちょっと前にも、住宅街の方に入ってしまった旅行者が荷物をぶん取られた事件があったり、傷害事件に巻き込まれたりしています。

 

カミニートはスリにだけは気を付けた方が良いと思いますが、基本的には大丈夫。

 

あとは、ボカ・ジュニオルス以外のユニフォームを着てボカ地区に行くのは自殺行為ですのでやめましょう。

特に試合の日はとんでもないことになります。 

 

最低限気をつけて行けば、素敵な場所ですよ。

僕は1回行ったので、しばらくは行かなくてもいいかなーというくらい満足しました。

ボカ・ジュニオルスのオフィシャルショップはまたいつか行きたいですけどね(笑)

 

楽しく読める教育ブログも更新中!


アルゼンチンで日本人向け家庭教師をやりつつ教育ブログを書いてます。

中・高・大学受験情報やおすすめ勉強法、コラムなどを書いているのでぜひご覧ください。

 

ブログランキング参加中!1日1クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ