猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

Pepa食べ比べ!

 


ads by Google 

アルゼンチンの代表的なお菓子「Pepa」の美味しさに開眼したチーム我が家(遅い?)。

色々なメーカーのPepaを食べ比べてみました!!

Pepa(ペパ)とは 

「Pepa(ペパ)」は通常複数形の「Pepas(ペパス)」と呼ばれています。

厚みのあるクッキーにカリンの一種である「メンブリーショ」のジャムが乗っているお菓子です。

さっくりした食感と程よい甘さのメンブリーショがいい感じなんですよ。

2〜3個食べると満足感が得られますが、おいしいので止まらなかったりします。

 

Pepa食べ比べ!

メーカーごとに商品の写真と特徴をご紹介します。

カルフール(こちらでは「カレフール」)

  • 生地はけっこう柔らかい
  • 甘みが強い

 

 Terepin(テレピン

  • 甘さはやや控えめ
  • 柔らかい生地で食べやすい

  

9 de oro

  • 上品なお味で美味しい
  • ジャムの色が他の製品と異なり、やや暗い色だったのが印象的
  • 生地は少し固めで歯ごたえがある

ちなみに9 de oro(ヌエベ・デ・オーロ)のクッキーはハズレがないので好きです。

このペパもおいしいですよ。 

TRIO

  • けっこう甘い
  • 生地が固めで噛みごたえあり 

Trioのクッキーはやや甘いものが多いのですが、基本的においしいです。

 

近所のpanaderia(パン屋さん)

  • 素朴な美味しさ
  • 生地は柔らかめで家庭の味、という感じ
  • 我が家的には市販の方が好きかも
  • 1パック70ペソでした

 

市販のものよりやや高めで量も少なく、それでいて市販のものの方がおいしいというのがポイントですね。

家庭的な味が好きな方には良いかも。

 

JUMBO

  • 甘さ控えめ
  • 生地は固くて噛みごたえあり
  • 我が家が一番好きな味

大手スーパーチェーンの「JUMBO」のオリジナルブランドのペパが我が家的には一番好きでした。

JUMBOに行ったらついつい買ってしまいます。

ちなみにJUMBOにはおいしいチョコチップクッキーもあるので、どちらを買おうか迷ってしまいます。

 

食べ比べの結論は

ということで、色々なメーカーのものを食べ比べてみました。

我が家的にはJUMBOのPepaが一番好みでしたが、パン屋さんで売っていたPepaもかなり気に入りました。(僕はパン屋さんのは苦手でしたが妻は気に入ったようです)

 

とはいえ、パン屋さん・お菓子屋さんによって味が違いますし、できたてかどうかということでも味が変わると思います。

ぜひお茶請けにペパを食べてみてはいかがでしょうか?

 

楽しく読める教育ブログも更新中!


アルゼンチンで日本人向け家庭教師をやりつつ教育ブログを書いてます。

中・高・大学受験情報やおすすめ勉強法、コラムなどを書いているのでぜひご覧ください。

 

ブログランキング参加中!1日1クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ