猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

息子が日本国籍も無事取得しました。

 


ads by Google

先日アルゼンチンの役所で出生届を出しDNIも取得した息子ですが、日本国籍も無事に取得できました!

一安心です。

日本への出生届は日本大使館へ 

日本への出生届を出すときには日本大使館の領事部へ手続きをしに行きます。

このときにアルゼンチンのDNI(身分証明書)と、両親の名前が記載されている出生証明書を持参する必要があります。

 

出生証明書はアルゼンチンで出生届を出したときにもらえますが、DNIは手続きの3営業日後に自宅に届きました。

DNIが届いた翌日に日本大使館へ行ってきましたよ。

 

大使館からの景色は相変わらず良い

大使館(領事部)は15階にあるので、非常に眺めがいいですね。

赤いレンガの建物は横浜の赤レンガ倉庫にそっくりです。

プエルトマデーロという港沿いの地区ですが、みなとみらいっぽい雰囲気のきれいな場所です。

こちら側は内陸側。オフィスなどが立ち並びます。

真下に見える大きな建物はルナ・パークというでかいホールです。

日本で言うなら代々木第一体育館みたいなイメージですね(笑)

 

無事に手続きが終了

娘の出生届を出した時の写真がiPhoneに残っていたので、それを元に記入して提出。

無事に手続きが終了しました。

以前大使館でちょっとしたお手伝いをしたことがあったので、窓口の方も顔見知りでした。

 

パスポートも申請したかったのですが、息子の名前が戸籍に載ったあと(約2ヶ月後)に戸籍謄本を取って持参しないといけないそうです。

ちょっと時間がかかりますね。

 

併設されている「広報文化センター」には日本の本がたくさん

大使館に行ったついでに、「広報文化センター」ものぞいてきました。

日本の本や日本に関する本がたくさんあります。

折り紙はやはり人気ですね。スペイン語の折り紙の本がたくさんありました。

日本語学習者のバイブル、「みんなの日本語」もあります。

入り口にはドラえもんと日本代表のユニフォームが。

娘を連れてきたらよろこびそうです。

ドラえもん大好きなので。

どの年代の代表なんだろう・・・

 

ちなみに息子の名前なのですが 

ちなみに息子の名前なのですが、娘のときと違ってアルゼンチンネームをつけることにしました。

アルゼンチンの出生届には「日本名・アルゼンチン名・日本姓」という名前で登録しましたが、大使館で聞いたところ「アルゼンチン名は抜いてもよい」とのことだったので、「日本姓・日本名」といういたってオーソドックスな名前になりました。

 

仮の名前で例えて言うと、

アルゼンチンの戸籍には「Taro Pablo Yamada」(タロウ・パブロ・ヤマダ)となり、

日本の戸籍には「山田太郎」とアルゼンチン名が抜けた形での登録になります。

 

まぁ僕の名字は山田じゃないですし、息子の名前も太郎じゃないですけどね。

さらにアルゼンチン名はPabloじゃないです。(Pabloは友人の名前なので)

 

こんなことができるんですねー。しらなかった。

 

まぁとりあえず、アルゼンチンと日本の両方で出生届を出すことができました。

一安心です。

 

ちなみにこの翌日に発熱・入院した

ちなみに、大使館に行った翌日に息子が発熱・入院しました。

たぶん大使館とは無関係だとは思うのですが。 

今は無事に戻ってきてぐっすり寝てくれてますし、起きたら起きたで退屈だー!とわめいてます(笑)

病院では「退屈でわめく」ということはなかったので、ずいぶん体力も回復してきたんだろうな。

 

楽しく読める教育ブログも更新中!


アルゼンチンで日本人向け家庭教師をやりつつ教育ブログを書いてます。

中・高・大学受験情報やおすすめ勉強法、コラムなどを書いているのでぜひご覧ください。

 

ブログランキング参加中!1日1クリックにご協力を

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ