猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

アパートの内見に行ってきた・その1。

 


ads by Google

さてさて、物件選びが難航しているチーム我が家ですが、

本日(8月3日水曜日)、とても気になっている物件を見に行ってきました。

 

物件選びの条件

我が家の物件選びの条件は、

1.ペット可

2.スーパーとドラッグストアが近い

3.そこそこ広い(50㎡は欲しい)

4.低層階(日本で言う2〜4階まで)

5.治安がいいところ

6.今住んでいるところの沿線(地下鉄D線)

があるのですが、

とにかくペット可!そしてスーパー!低層階!

風ちゃんは僕らの家族ですし、スーパーまで遠いと買い物が大変!

さらに停電になった時に高層階だと本当に大変なのです。

今住んでいるところは7階(日本で言う8階)なので、

38時間停電になったときには大変でした。

しかも当時妻は妊娠中でしたからね。

 

 

見てきた物件は

で、見てきた物件はこんな感じ。

1.ペット可

2.スーパーまで徒歩3分!ドラッグストアも近くに3件!

3.面積は50㎡!築浅(10年以内みたいです)

4.部屋は2階(日本で言う3階)なので階段でも登れる!

5.治安は良さそう!大通りから100mくらいですが、裏側は住宅街!

6.何と地下鉄D線の駅から徒歩5分程度!!近い!

 

しかも駅前にスタバとマックカフェが。

近所にもカフェがちらほら!

 

 

中も非常にきれいでした。

フローリングではなかったのですが、

すごくキレイな建物で、

入り口はオートロック、

しかも入り口から建物に入るまでにもう1つオートロックがついて

防犯もバッチリ。

ガードマンさんまでいます。

さらに二棟続きなので、出口が2つあり、2方向の道に出ることが出来ます。

部屋のベランダは上までフェンスで覆われていて、

万が一娘や風ちゃんがベランダに出ちゃったとしても落ちる心配なし!

洗濯機を置く場所もあるし、キッチンも広いし。

どうやらお隣も赤ちゃんがいるようですし。

 

この荷物は大家さんのものでしょうか(笑)

他にもちょっとした家具があったので、

「これいらないから引き払ってください」とお願いしておきました。

 

不動産のポータルサイトで探したのですが、

サイトで見るよりもずっと素晴らしいアパートで!

二人そろってテンションが上がっちゃいました。

即「ここに住みたい!」と不動産屋さんに伝え、

家賃の話も全てクリアーに。

 

こちらでは半年ずつ家賃が上がっていくのです。

頑張って働かなきゃー。

 

我が家にとってのハードルは

で、我が家にとってのハードルがいくつか。

1.スペイン語を話せない

2.日本の企業と契約をしている自営業主である

3.保証人がいない

 

不動産屋さんが流暢に英語を話してくれるので、

これに関しては全く問題なし。

 

で、「日本の企業と契約をして仕事しているんです」ということは

話したら問題無さそうな反応で、これもきっと大丈夫。

僕から業者への請求書をスペイン語訳しておいてよかった(笑)

Google翻訳で出来るんですよ。すごい。

 

一番の問題だった保証人。

ブエノスアイレスでは、ブエノスアイレス市内に不動産を持っている人に

保証人になってもらわないと、賃貸物件を借りることが出来ないのです。

ただ、事前に「保証会社を使えばいいわよ」と言われているので問題なし。

 

僕「保証会社に英語を話せる人はいますか?」

不動産屋さん「私が聞いておくから、分かったらメールするわね!」

 

ということで、メール待ちになりました。

どれくらい料金かかるのかなぁ。

 

 

その後カフェに寄ったところで電話が

保証会社のOKさえ出ればようやく引っ越せる!

とちょっとテンションが上がったところで、

帰りに駅前のマックカフェに寄ってみました。

注文が終わって支払おうとした瞬間に電話が。

 

まぁこの国で僕の電話を知っている人は不動産屋さんくらいしかいないので

(他の人はWhatsAppというLINEみたいなアプリで電話してます)

電話を取ってみると、

 

何か一生懸命伝えようとしているのですが、

何しろカフェですから。

周りがざわついて聞こえない上に、相手が早口なので、

「すいません、周りがうるさくて聞こえないんです!メールで教えて下さい!」

というのが精一杯。

 

唯一聞こえた単語は

「contract:契約(書)」「how:どうやって」くらい。

いくら僕がリスニングが苦手とはいえ、これはひどい(苦笑)

電話嫌いなんですよね。

日本語だとしても音質が悪くてよくわからないときがあるしね。

 

もしも僕の仕事がアルゼンチン国内の課税証明とかを取れないという理由で

契約できないとかだったらどうしよう・・・

という不安がぶわっと。

日本企業と契約して、日本の銀行に振り込んでもらっているので

当然アルゼンチンの課税証明は取れませんし、

何しろ僕ら就労ビザ持ってないですから。

娘がアルゼンチン国籍を持っているので、

僕らも永住権の申請をしてDNIを取得すれば働けるんですけどね。

 

何と言われたんだろう・・・

 

不安でいっぱいなチーム我が家、

帰宅してすぐに不動産屋さんにメールを打ちました。

 

どう返ってくるか?

どきどきです。

この子はお留守番でしたよ。

 

 こちらの音楽ブログもぜひよろしくお願いします。

 

 

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ