猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

日本の銀行に電話した話。

 


ads by Google

キャッシュカードをATMから取り忘れ、

「祝日明けに来い」と言われて取りに行ったら

すでにカードはハサミを入れられて処分されたあとだった、というお話。

 

帰宅後すぐに日本の銀行に電話してみた

カードが処分されたのがわかったのが正午ごろ。

日本時間の真夜中です。24時。

銀行のウェブサイトを見ると、「24時間365日対応」と書いてあるではありませんか。

日本すごい。

 

 

電話するとすぐにオペレーターの方が出まして、

事情を説明し、カードの再発行を頼むことに。

住所は実家にしてありますし、

アルゼンチン在住の友人が今日本に一時帰国しているので、

実家でカード受け取り→友人の滞在先に書留で送る→アルゼンチンへ

というルートを通れば安全にカードを受け取ることが出来ます。

 

ところが。

 

 

「契約者歩本人でないと、カードを受け取ることが出来ない」

と言われてしまったのです。

 

うおぉぅ。

 

銀行のカードを受け取るためだけ帰国するのは

時間も金も手間もかかりすぎちゃいます。

 

「なんとかなりませんか?」と聞いてみたところ

 

「住所をアルゼンチンに変更すれば、

アルゼンチンまで郵送します」

とのこと!!

なんという神対応!!

 

 

これというのも、国際キャッシュカードの口座だからこそ出来ること。

口座作っておいてよかった!

 

で、手続きは書類をプリントアウトして郵送、とのことでした。

このご時世にネット上で住所変更できないとかどうなのよ日本。

とはいえ、背に腹は変えられません。

 

必要書類は

  • 在留証明書(大使館で取ってくる)
  • 住所変更届(ウェブサイトからダウンロードしてプリントアウト)
  • カードの再発行届(こちらもダウンロードしてプリントアウト)

ということで、大使館に行かなければいけません。

 

 

大使館も行ってきた 

正午にカードが処分されたことを知り、

正午過ぎに銀行に電話をし、

大使館の業務が始まる14時半に、日本大使館に行ってきました。

超ダッシュして支度をして地下鉄に飛び乗りましたよ。

 

無事に在留証明書の申請をして、

証明書が出来上がって「いぶし銀さーん」と呼ばれてカウンターを見ると

見知った顔がニコニコしていました。

フットサル仲間で、チームのリーダーをしている方でしたー。

大使館で働いているのは知っていたのですが、

まさか窓口に出てきていただけるとは!

 

 

知っている顔にお会いすると、ちょっとホッとしますね。

 

ということで、あとは書類を日本に郵送するだけです。

 

ちなみにこの記事を書いている時点で

まだ僕は銀行のカードがない状態です。

 

 

ただ、妻のカードはあるので、お金はちゃんとおろせます。ご安心を。

ベッドでごろ寝中の風ちゃん。

 

こちらの音楽ブログもぜひよろしくお願いします。

 

 

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ