読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫と文具とアルゼンチン。

横浜から沖縄へ。沖縄からアルゼンチンへ。さすらう夫婦の冒険譚。

【準備】出発前日、とんでもない慌ただしさ。

 


ads by Google

(最初に追記byいぶし銀)

今日12月3日は僕の母の誕生日です。

母よおめでとう。

 

【ここから本編始まり】

ついに出発前日の朝がやって来ました。

仮宿での落ち着かない一夜を過ごした風ちゃんですが、

夜になって我々が元の家から帰ってくると、

キャリーから出てきて探検を始め、

我々が寝ようと思って寝室に行くとにゃーにゃー鳴き出す始末。

こちらがようやくキャリーバッグから出てきた風ちゃんさん。

ごはんもろくに食べませんでした。

 

宿の規定上、猫は寝室に入れることが出来ないため、

泣く泣くドアを閉めたのですが、

ドアにアタックを仕掛けるわドアの外で我々を呼ぶわで

もう大騒ぎ。

僕は枕が変わっただけで寝付けなくなるタイプなのですが、

枕も違うし布団も寝心地悪いし(いつもの布団と違うので)

風ちゃんは騒いでいるしでもう大変でした。

こちらが仮宿の寝室です。シングルベッドが3つ並んでいたのですが、

当然2つしか使ってません(笑)

 

何とか寝付けたものの、結局朝も風ちゃんの鳴き声で起こされたのでした。

 

起きてご飯を食べさせ、トイレに行ったのを確認したあとで

風ちゃんをキャリーに入れて、空港の検疫所へ。

すでに9日前に検疫は済ませておいたのですが、

何があるかわからないので、前日にも検疫所に行っておこうということに

なっていたのです。

 

検疫所での風ちゃん。お気に入りのブランケットを入れてあります。

このブランケットはアルゼンチンでも大活躍ですよ。

 

朝9時半に空港について検疫を済ませ、

10時に空港発、10時半に仮宿に帰ってきて、11時にチェックアウト。

管理人常駐型の宿ではないので、

管理人が来るのを待って、鍵を渡すだけのチェックアウトでした。

中をチェックするわけでもなく。

チェックインはドアが開いていて鍵が置いてあるだけでしたからね。

適当だなぁ、沖縄(笑)

 

11時に仮宿を出て、まだゴミの残る元の家へ。

12時までにゴミの処分場にゴミを持ち込まなければならないのです。

処分場までは約20分、ゴミの搬入には最低5分は掛かりそうなので

11時35分にはゴミを積み込んで家を出なければいけません。

仮宿から家までは普通に行って30分。

ギリギリすぎます。

 

結局30分かかるところを25分で到着し(11時25分)、

5分でゴミの積み込みを終え(11時30分)、

なんと大家さんからお餞別までいただき(11時35分)、

ゴミの処分場へゴー。

2回行かないと終わらない量が残っていたので、

何としても午前中に1回行っておきたかったのです。

 

20分かかるゴミ処理場までの道も、

昨日すでに行っていたので14分で到着。(11時49分)

信号に引っかからなかったのも大きかったですね。

 

ゴミを捨てよう、というところでトラブル発生。

ゴミは10キロ60円という処分料金がかかるのですが、

なんと財布を忘れるというアクシデント。

あちゃぁ。

 

ただ、前日にも捨てに来たこと、

そして午後にも捨てに来ることを伝えたところ、

支払いは午後に回してもらうことにしました。よかった!

 

で、帰宅して荷物の整理の続きをし、

ゴミをまとめ、掃除をして、車にゴミを積み込んで

ゴミ処理場第2弾へ。

無事にすべて捨てることができました。よかった!

支払いも全て完了!

車2往復分捨てたのに1000円しないくらいの処分料金でした。

 

その後、妻の実家に最後に送るものを郵便局から発送し、

妻の携帯電話を解約し、

荷物をすべて車に積み込んで退去完了。この時点で16時。

直前になって飛行機の便が変更になったため、

実は旅行代理店に17時半までにチケットを受け取りに行かなければならないのです。

そしてこの日は平日。沖縄では帰宅ラッシュで道路が混むのです。

やばい。

16時に退去して不動産屋についたのが16時半。

「何も持ってこなくて大丈夫ですよ!退去手続き簡単ですから!」

と言われたので鍵だけもって不動産屋に入ると

 

「印鑑ありますよね?」 

 

何もいらんって言ってたじゃないの!!

 

あわてて車に戻って印鑑を持って戻り、書類を書き、捺印をしたところ

「火災保険の解約をご自分で電話して行ってください」とのこと。

僕の携帯はSIMフリーで、050から始まる番号のアプリで電話をしているのですが、

フリーダイヤルに電話出来ないんですよ。

火災保険の解約はなんとフリーダイヤル。

ついさっき妻の携帯も解約したばかり。

僕は18時までにどこかの公衆電話から火災保険の会社に電話をしなくては

ならなくなってしまったのです。

増えるミッション。

 

その後渋滞を避けてナビにしたがって裏道をひた走り、

17時過ぎに旅行代理店へ。

無事にチケットを受け取りました。

その後那覇市内のホテルにチェックイン。

「ペットと泊まれる」という触れ込みのホテルでしたが、

話を聞いてみると

 

「ペットはキャリーから出さないでください」

 

「ペットと泊まれるという部屋なんですよね?」

「左様でございます。」

「で、ペットはキャリーに閉じ込めておかないといけないんですか?」

「はい、それで大丈夫でございます」

 

大丈夫って何だよ!!

うちの猫はご飯もお水もトイレも必要なんだよ!

大丈夫じゃないよ!!!

 

という憤りを覚えながら、

まずは目の前のローソンで公衆電話を使おうと走りました。

 

・・・公衆電話、使えない・・・

「ランプがついていれば使えます」と書かれているのですが、

バッチリランプが消えてました。

この時点で18時まで残り10分。

 

一か八かで050の番号からフリーダイヤルにかけてみました。

 

かかりましたー!!!

しかし僕のiPhoneの電池は残り6%。やばいです。

 

若干早口で手続きをしてもらい、残りの電池は4%。危なかった!

 

で、荷物をすべて部屋に運び込むと、

車の買取業者から電話が。

無事に車を売却することが出来ました!!

 

たぶん今日のこの記事を読むだけでもわかると思うのですが、

沖縄の人ってかなり適当なんですよ。

カタカナで「テキトー」って言いたくなるほどに。

おおらかでよい、とも思うのですが、

テキトーすぎていらっとすることもよくあるんです。

一番ひどいのが車の運転。

曲がってくる車は、進行方向しか見ずに曲がってくるので

僕が近づいても気づかずに突っ込んできたり、

赤信号をナチュラルに無視してきたりするんです。

 

そんなひどい交通事情の沖縄で、4年間無事故を達成!!

めでたいです。

 

さて、今日のミッションはすべて終了。

あとはよく寝て体調を整えるのみです。

 

ということで、ホテルの大浴場でのんびり。

 

ただ、どうしても風ちゃんが心配で・・・

仕方がないのでトイレ(兼風呂場のユニットバス)で

キャリーを開けてあげることにしました。

すると日付が変わるちょっと手前くらいに

ようやくキャリーから出てきてくれました!!

でもトイレもお水もご飯も全くせず・・・

トイレは仮宿で朝にしてくれたのですが、

ご飯は昨夜からほぼ口にせず。

 

うーむ。

 

ちなみにこんな部屋でした。

 

心配でしたが、僕らは明日早いので休むことにしました。

深夜0時頃就寝。

ついに明日は出発。

おやすみなさい。

 

2016年3月21日記す(到着後に書きました)

 

(追記byいぶし銀)

すべて秒刻みのスケジュールでした。

夜寝るときにようやくホッとした・・・

 

ちなみに!

このホテルでスタバのタンブラーを軽量化のために捨ててきてしまったんです。

アルゼンチンでスタバのタンブラーが売っていないので、

持ってくればよかったと本当に後悔しております。

 

たぶんクリスマスシーズンになったら限定でタンブラー発売されると思うんで、

発売されたら近所のスタバに走ります。

 

と思ったら、現時点でタンブラーは発売されていません。

スタバさーん!

Twitterで「発売されるんですか?」とメッセージ送ったんですけど

完全に無視されてます。

スタバさーん!!

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ